初心者でも大丈夫!占い師になるには、タロットカードを習得しよう!

こんにちは!タロット占い師のぴっこりんです。

占いが好きでよく鑑定してもらう、そこのあなた!
「自分でも占ってみたいなぁ」っと思った事はありませんか?

・今すぐ悩みを聞いて欲しい!
・いい先生を探すのがめんどう。。。
・鑑定を申し込む時間がない。
・占う方に興味がある
などなど

自分で占ってみたい理由は様々だと思います。

でも、霊感ないし。。。直感もない。。。
才能もないかも。
しかもいったいどこで教えてくれるの?
っと疑問は耐えないと思います。

そんな、自分で占いたい!
なんなら、占い師になりたい!
っという方には、
タロットカードがおすすめです。
今回は、なぜタロットカードがいいのかお伝えしていきますね。

占いの種類は、大きくわけて3種類

3つの占術をご紹介しますね。

①命術(めいじゅつ)

生年月日・生まれた時間・場所などで占う
<例> 占星術(星占い)、四柱推命、数秘術

②卜術(ぼくじゅつ)

偶然出た象徴から占う
<例> タロットカード、オラクルカード、易

③相術(そうじゅつ)

顔や手、間取などから占う
<例> 手相、風水、姓名判断

悩み事によって占術を選んでみる

悩み事によって、占術は得意不得意があります。

是非、活用してみてくださいね。

①命術(めいじゅつ)

その人の生まれ持った性質・遠い未来を占うのが得意。


例えば・・職種は何が向いているのか?いつ結婚するのか?

②卜術(ぼくじゅつ)

近い未来や今、起こっている問題に対して占うのが得意。


例えば・・・人間関係に悩んでいる、どちらか選択しないといけない時

③相術(そうじゅつ)

今、視える未来や運命を占うのが得意。風水は、流れを変える事ができ、手相人相などは相が変わっていくので、自分の力で未来を変える事ができる。


例えば・・・なぜ、悪い事がよく起こるのか知りたい時。現状を変えたい時。

タロットカード占いとは?

タロットカードは、大アルカナ22枚と小アルカナ56枚で鑑定します。
大アルカナだけで鑑定できるくらい、大アルカナは大きな意味を持っています。
見たことあるかもしれませんが、「死神」「悪魔」は大アルカナになります。
出てきたらめっっちゃ嫌がられるカードです笑

この78枚のカードの中から8枚〜10枚を選んで読んでいきます。

タロットカードは、なぜあたる?

タロットカードは、なぜあたるのか?

「潜在意識・顕在意識」って言葉聞いた事ありますか?
私達の意識は98%が潜在意識、残りの2%が顕在意識っとなっています。

潜在意識は簡単に言うと無意識領域で、顕在意識は自らの意思で動いたり考えたりする領域です。
自ら選択していると思っている人生の分かれ道も実は潜在意識で選択しているのです。

信じられませんよね。

その潜在意識がもーーーーっと深い所でみんなと繋がっています。
それが心理学者ユングが唱えた「集合的無意識」になります。
この集合的無意識で占い師がめくったカードでも相談者の潜在意識を表すカードが出てくるのです。

簡単に説明すると「みんなが持っているイメージ」がそうです。
真似してるわけではないのに、そのモノに対するイメージって一緒の事多くないですか?
「お金は苦労して手に入れるもの」だったり。
別に親から言われて育ったわけでもないのに。

タロットカードは、集合的無意識や潜在意識を絵で表しているだけなのです。

占術を習得したいならタロットカードがオススメ

ぴっこりんがオススメするのは、ずばりタロットカードです。
なぜなら、ぴっこりんが習得できたから笑

占星術は、情報が多く覚えたり理解するのが大変。

単純に12星座だけではなく、太陽・土星・月なども関係あります。
星座の位置する場所も重要になってきます。

手相は、線がいっぱいあって
難しくないですか?
例えば、テレビで占い師が芸能人の手相をみている時に
視聴者にもイラストや見ていている人の手を映しいて解説してくれています。
その時、思わず自分の手をみて、その線を探そうとします。
けど、わかんないんですよね。
シワも線なの?とか
そんな感じで初心者には難しい占術だと思います。

ちなみに、ぴっこりんはタロットカード占い師になった後に
幅を広げようと占星術を勉強しましたが挫折しました。

タロットカードも挫折する要素を持っている

タロットカードも78枚あるので全部覚えるの大変じゃないか〜
集合的無意識につながる事なんてできないよ〜って思っちゃいますよね。

タロットカードを独学で習得しようとして挫折する人の大半が78枚の意味を全部丸々覚えようとするからです。

実は、全部覚えなくても大丈夫なんです!
逆に丸々暗記してしまうと一人ひとりにあった鑑定ができません。
違う性格の人、違う悩みなのにすべて同じ言葉になってしまう可能性があります。

そうならない為にも本の丸暗記はやめましょう。

タロットカード独学あるある

独学や初心者でつまずきやすいポイントがあります。

本に書いてあるカード1枚1枚の説明を真面目に覚えようとするから、楽しくなくなり挫折します。

誰でも暗記はしんどいですよね。
しかも独学だと1人で勉強しているのでアウトプットができず、なかなか頭に入りません。
占いは、相手の悩みがあって成り立つものです。
リアルな悩みを体感せず、カードの内容を覚えるのは、大変です。

このように、真面目に覚えないことをオススメします

タロットカードはフィーリングで読む

フィーリングって何?本当に覚えなくていいの?って思ってませんか?

そうなんです!

絵を見て、相談者さん目線で感じるだけで大丈夫です。
なぜなら、絵の中に要素がいっぱい入っているから。

例えば、カードの左側が過去、右が未来。黄色は明るい。黒は暗い。「1」はスタート。
そんな基本的なルールがわかると、読めるようになります。
それでも、不安ですよね。
でも大丈夫。先程述べたように、集合的無意識が働きます。
なのであなたが感じた事が外れる事がないのです。

まとめ


●タロットカードは、集合的無意識の働きによって当たる。
●タロットカードは、直感で読むので習得しやすい。
●カードの意味を丸暗記しようとすると挫折する。

コメント

タイトルとURLをコピーしました