一度は乗ってみたいアンパンマン列車!種類と走行区間を徹底調査【四国】

こんにちは。副業で占い師をしているぴっこりんです。

四国で乗れるアンパンマン列車の種類走行区間をお伝えしていきます。

我が子が電車好きアンパンマン好きなら、四国で走っているアンパンマン列車に乗せてあげたいと思っちゃいますよね。

しかし、アンパンマン列車は4種類も存在し、走行区間もバラバラです。
四国という土地に馴染みがないと
どれに乗っていいのか分からないんですよね。

ここでは、列車の種類どこを走るかをわかりやすくご紹介していきます。

是非、参考にしていただき、お子様を笑顔にしてくださいね。

アンパンマン列車とは

アンパンマン列車とは、JR四国が運行しているアンパンマンがデザインされた特急列車の事です。


予讃線土讃線瀬戸大橋アンパンマントロッコゆうゆうアンパンマンカーと4種類あり、区間によってデザインが変わります。

では、一つ一つ紹介していきますね。

予讃線

予讃線は、2つの区間があり、それぞれ車両も違います。

  • 区間   岡山〜高松・松山
  • 8000系アンパンマン列車

1号車の車内は、アンパンマンシートになっており、座席はもちろん
デッキ・洗面台・トイレすべてアンパンマンデザインになってます。
アンパンマンシートは16席限定で、指定席になります。

  • 区間  松山〜宇和島
  • 宇和海アンパンマン列車

宇和海アンパンマン列車は、2両からなり、アンパンマンシートはありません。

土讃線
  • 区間  岡山〜高知
  • あかいアンパンマン列車
  • きいろいアンパンマン列車

車両は2種類あります。
どちらも4両編成で1号車にアンパンマンシートがあります。
アンパンマンシートは、24席限定で指定席です。

瀬戸大橋アンパンマントロッコ

区間  岡山〜琴平・高松

内装がすべてアンパンマンです。
全席グリーン車指定席です。
トロッコの為、12月〜2月まで運休です。
しかし、11月は運行されていても、トロッコで瀬戸大橋を渡るので寒いと思われます。

ゆうゆうアンパンマンカー

区間  高松→徳島  徳島→阿波池田

靴を脱いで遊べるプレイルームとアンパンマンシートがある車両です。
「ゆうゆうアンパンマンカー」専用の指定席券が必要です。                      運転日は、土休日・夏休み・冬休みです。

アンパンマンミュージアムにも行きたい場合は?

アンパンマンミュージアムへは、土讃線の土佐山田駅で下車し、

そこからアンパンマンバスに乗り、「美良布(アンパンマンミュージアム)」で降りてください。

そこから徒歩5分になります。

アンパンマンミュージアムにも行く計画なら
土讃線を利用しアンパンマン列車、アンパンマンバスも乗れるのでアンパンマンを存分に満喫できますね。

また、お得なツアーも発売されています。
アンパンマンミュージアムへ行きたい場合や宿泊を考えている場合は
ツアー申込みも検討してみてもいいかもしれませんね。

アンパンマン列車のまとめ

  • 予讃線は、8000系アンパンマン列車(区間:岡山〜高松・松山)と宇和海アンパンマン列車(松山〜宇和島)がある
  • 8000系アンパンマン列車は、アンパンマンシートが16席あるが、宇和海アンパンマン列車は2両でアンパンマンシートはない
  • 土讃線は、あかいアンパンマン列車ときいろいアンパンマン列車の2種類があり、岡山〜高知間を走行
  • 24席限定のアンパンマンシートがある
  • 瀬戸大橋アンパンマントロッコは、岡山〜琴平・高松を走行
  • 内装すべてアンパンマンデザインで、全席グリーン車指定席
  • 12月〜2月運休
  • ゆうゆうアンパンマンカーは、高松→徳島と徳島→阿波池田の2つの区間を走行
  • 靴を脱いで遊べるプレイルームとアンパンマンシートがある
  • 「ゆうゆうアンパンマンカー」専用の指定席券が必要
  • 運転日は、土休日・夏休み・冬休み

こどもが大好きなアンパンマン。

電車好きじゃない女の子でも、アンパンマンミュージアムと合わせて旅行すると喜ぶ事間違いなし!

アンパンマンを卒業する前に是非、乗りに行ってくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました